海外FXの出金方法を完全解説

ラプーン

海外FXの出金方法はたくさんあってどれがいいのかさっぱりわからないよ…
たしかにね~。いざ出金したい!と思っても出来ないなんてことになったら大変ね。出金方法について丁寧に説明していくわ!

きらら

海外FX口座を開設したのに出金方法がわからない?そんなお悩みをこの記事では解決する
ことが出来ます。

実は海外FX。出金方法が多数あり、口座開設したばかりの初心者さんにとっては出金方法
に迷われます。そんなお悩みを持った読者様に最適な出金方法をお伝え致します。海外F
Xを利用する一人一人に合った出金方法がありますので、あなたに合った方法をこのサイ
トで見つけてください。

海外FXの出金方法について解説

海外 FX の出金方法は下記のようにいくつかあります。

  • 国内銀行送金での出金
  • クレジットカードでの出金
  • 海外送金での出金
  • bitwalletでの出金
  • STICPAYでの出金

出金方法は様々ありますが上記に記載した出金方法によって読者さまに合った方法を見つ
けられると思いますので、これらからお選び頂くことをオススメします。

以下からはそれぞれ出金方法のメリットや特徴を説明していきます。

王道は手数料ゼロ・即反映のクレジットカード

海外のFXで一番使われる出金方法がクレジットカードです。海外口座を利用しているユー
ザーが最も利用している出金方法で簡単かつ安全です。また、入出金の際に「手数料がか
からない
」ところも多くの利用者がいるポイントです。

そしてもう一つ選ばれる理由として口座の入金/出金がされた際のレスポンスが早く「
映されるのが早い
」のも理由としてあげられます。スマートフォン/パソコンで入金をして
しまえば直ぐに海外FXを楽しめることが出来るのもユーザーが多い理由です。

私も海外FXを楽しんでおりますがクレジットカード出金を利用しています。24時間いつ
でも手続きが出来ますのでずっと利用させてもらっております。

国内銀行送金は便利だが使える業者が少ない

国内銀行送金とは普段使っている銀行口座から海外FX会社が利用している業者の銀行口座
へ自動で資金を振り込むことで入金ができるシステムです。

振込手数料も安くすみますし銀行口座とFX口座の資金の到達が早いのが特徴です。 ただ
便利ではありますが利用できる業者が少ないのがデメリットとなります。

海外銀行送金はコストがかかり、反映も遅い

海外銀行送金は全ての海外FX会社が対応している出金方法です。出金では一般的に利用さ
れておりますが海外銀行送金からの入金ではあまり利用されておりません。

利用されない一つの要因として手数料が高く(千円単位で発生)資金が届くまで5日から7
日程度日数を要してしまいます
。ですので手数料が無料のクレジットカードの方がはるか
に便利です。

オンラインウォレット

オンラインウォレットは国際決済サービスといいます。
一言でいうと普段使っている銀行のオンライン版となり、登録をすると口座を作ることが
でき口座に入金/口座から出金する事ができるようになります。

オンラインウォレットはFX 会社との取引だけではなくオンラインショッピングや最近で
は仮想通貨の両替などにも使われております。

「海外FXとやり取りをしようとすると」

自分のオンライン口座→国際サービス口座→海外FX会社の口座

以上のような流れでお金が動いてきます。

オンラインウォレット(国際決済サービス)にはいろいろな種類があり

  • Bitwallet
  • SticPay

が利用されております。

オンラインウォレット(国際決済サービ)を利用すると以下のようなメリットがありま
す。

  • 入金手数料が無料で利用できる
  • リアルタイムで即時口座に反映される
  • 利用できる海外のFX会社が多い

以下からは上記のようにメリットがあり使用されるbitwallet/Stikpayの2つをご紹介して
いきます。

bitwalletは手数料がお得!

Bitwallet(ビットウォレット)は海外FXとの入出金手数料が無料で利用できます

口座の登録維持費は無料なのでアカウントを作っておくと便利です。サービスを利用しな
かったとしても維持費が一切かからないので登録をオススメします。

手続きも「1~2営業日以内」に終わりますので非常に便利な上、かつスピーディーに行う
事ができます。

嬉しいことに日本語対応もしているので安心です。

stikpayはサービスが豊富

STICPAY(スティックペイ)はいろんな入金方法に対応しサービス豊富なところが魅力で
す。

全国に設置されてるATMから出金が可能!

STICPAYのカードを作れば全国のATMから出金が可能です。特定のATM 指定がありませ
んので、いつどこにいても便利で簡単です。

送金にかかる時間が短縮できる!

通常、海外FXから銀行送金されるまで大体3日かかりますがSTICPAYを利用すると、なん
と「半日程度」で自分の口座へ送金されます。海外間での送金でここまで早いのはすごい
ことで他の会社ではこういったサービスは見られません。

日本語での対応・メールでのお問い合わせが可能!

STICPAYのサービスで濃い魅力のひとつに日本語での問い合わせが出来ます。特にメール
での問い合わせでは、口座に関する問い合わせ/入出金に関する問い合わせ/一般的な問い
合わせ、全てに対応しており日本人にとって安心できるサービスと言えます。

他にも

  • ショッピング決済
  • ブックメーカー(賭博サイト)間の入出金
  • 個人同士でのお金の受け渡し
  • オンラインカジノでの入出金

などなど、サービスがとにかく豊富です。

仮想通貨は優秀だが相場変動リスクあり

仮想通貨は優秀ですが、為替変動のリスクがあることは十分に理解する必要があります
為替は常に動き続けておりますので、 自然災害やテロなど予期せぬトラブルなどで大幅に
変動することがあります。

急激な変動により損失が多く出る可能性もあり、それを踏まえた上で慎重にやるべきと考
えます。常に世界情勢をチェックする/世界のニュースをこまめにチェックするなどの確認
をすることで回避することができると思いますので、為替変動のリスクを十分考慮した取
引をしていきましょう。

意外と見落としがちな海外FXの出金ルールを把握しておこう!

海外FXでの出金をする際にはいくつかルールがあります。
海外へお金を送金したりする事は普段の生活では中々ないと思いますが、海外のFXを利用
するには日本と海外間での送金取引が必ず発生します。

海外FX業者を使ってみたいが送金することによる不安を挙げるトレーダーも多いですし、
大切なお金を国内どころか海外へ送る行為は不安もあると思います。海外FX利用時の出金
トラブルなども少ないですが、いくつか報告されており不安をさらに助長しているのも事
実です。

しかし海外FXでの出金ルールを把握することで、トラブルは回避することが出来ます。
ここからは何年も海外取引をしているトレーダーでも意外と見落としがちなポイントを紹
介していきたいと思います。

出金優先順位ルール

海外FX会社の出金をする際には優先出金順位というものがあります。この優先出勤順位を
理解することで海外FXを楽しむことができるようになります。

クレジットカードで入金の場合は、全てのFX会社でクレジットカードへ出金が優先されま
すが、基本的に出金の際優先される順位は「各FX会社によって異なる」ということです。

例えば海外FX会社のひとつXM Tradingの場合ですと、オンラインウォレットで出勤が優
先されます。ポイントとしてはクレジットカードで出金できる額は、最初にカードで入金
をした額
までに限定されると言うことです。

対してオンラインウォレットであるbitwallet/STICPAYは各FX業者で異なります。
取引の際に得た利益分全てを出金できるところもあれば、先ほど紹介したXM Tradingみ
たいに入金をした額までしか出金をさせてくれない方針にしているFX業者もあります 。

各海外FX業者で優先される出金順位は異なりますので優先順位をしっかりと調べた上で利
用してください。

そしてもう一つ「ボーナス」が含まれるFX会社では出金を更に慎重に行う必要がありま
す。
先ほど挙げた海外FX会社のXM Tradingのようにボーナスが発生する場合があるのです。
ボーナスが発生する場合に「資金の残高に対する出金額の分のみ」ボーナスは消えてしま
いますので注意してください。

出金をするだけで一部の海外FX会社は全てのボーナスが消えてしまう仕組みにしている所
もありますのでFX会社を選ぶ際は優先出金順位をどのように行うのか必ず調べる必要があ
ります。

入金で使った方法でのみ出金可能

出金をする際には入金で利用した方法でのみ出金することができます

入金で使っていない方法では出金できないということは、逆を言うと出金する際の方法を
変えることができないということです。例えばクレジットカードで入金したあと、何らか
のトラブルでカードが使えなくなった場合、また複数の入金方法を利用している場合など
は、出金をしたくても出来なくなるという事なの注意が必要です。

同一名義での出金のみ可能

出金をする際は出金先名義にも注意する必要があります。

例)

  • 取引口座名義と出金先名義が違う場合
  • 取引口座名義と出金名義のスペル表記が違う場合

以上のようなケースでは出金することができません。

海外FX会社へ出金のリクエストをする際には絶対にFX取引口座と同じ名義を記入してく
ださい。これはマネーロンダリング防止措置の徹底がFX会社には義務付けられているため

です。

名義人の家族や第三者では出金することができませんので注意をしてください。
また、指定しているFX取引口座のローマ字スペルが一致していないとFX会社の方で出金
を保留されてしまう可能性もありますので提出する際のスペルのチェックは必ず行なって
ください。

電子ウォレットや海外送金の出金のケースではしばしばトラブルとなっておりますので確
認は怠らないようにしましょう。

クレジットカード出金は入金した金額が出金上限

クレジットカードでの出金限度額は入金をした金額までとなります。
先ほどもお伝えした通りクレジットカードでの出金はカードでの入金をしている場合のみ
適用されます。

クレジットカードの入金に関しては「通常のクレジット決済」として扱われますので、出
金をする場合は利用したクレジット決済のキャンセル扱いとされます。

例えばショッピングでカード決済をしたとします。商品が1万円の場合、1万のカード決済
がされますが、何らかの事情で商品をキャンセルしたとします。その場合、返金されるの
は支払った分の1万円が返金されます。

このシステム同じクレジットカードシステムを採用しておりますので入金をした分までが
出金可能額となるわけです。

まとめ

「海外FX口座の出金」を読んで頂きましてありがとうございました。これまで出金に関し
て紹介してきた内容をまとめさせていただきます。

海外FX口座利用する際の出金方法はいくつかあり、クレジットカード/オンラインウォ
レットなどを利用することができ、出金をする際にはルールがあり優先順位が存在するこ
ともお伝えしました。

あらためて申し上げますが、出金をする際は入金で使った方法のみ出金に利用できます。
また取引先口座名義と出金先名義が違う場合、取引先口座名義と出金名義のスペルが違う
場合は出金をすることができませんので十分注意をしてください。

私も以前スペルを間違ったことがあり、すぐにお金が欲しかったのですが出金が保留にさ
れてしまい資金がなかなか自分の元へ帰ってこなかった経験があります。

そして、クレジットカード出金は入金をした金額までが上限なのでご注意してほしいと思
います。海外FX会社は日本のFX会社と違い資金を倍にするレバレッジ上限がはるかに高
く、海外FX会社を利用するメリットはたくさんありますが、出金に関してはしっかりと登
録をする際、FX会社の情報を確認してから利用してほしいと思います。

この記事を読んで頂きましたので出金のトラブルは回避することができます。私も過去にいくつか出金で失敗したことがあります。その時のFX会社は日本語で会話ができ、メール対応も非常に丁寧にしていただきましたので助かりました。是非!何度も読み直してトラブルなく安全に海外FXを楽しんでください。

ラプーン

僕が思っていたよりたくさんの方法があることにびっくりしたよ!!
そうだよね。たくさん方法はあるから、自分に合った方法を見つけて取引していくと良いわね!

きらら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です