海外fx業者を利用する方必見!ハイレバレッジトレードの特性やリスクについて分かりやすく解説

ラプーン

きららちゃん、海外FXのハイレバレッジをうまく使ってたくさん利益を出したい!!
ラプーンったら、はじめて間もないのにもうハイレバレッジの取引に目がくらんでいるのね(笑)

きらら

ラプーン

今日はハイレバレッジの取引について教えてくれるんだよね!
待ちきれないよーー!

「国内fx業者のレバレッジでは物足りない!」
「海外fx業者を利用して大きなリターンを狙った取引がしたい!」

数百〜数千倍という非常に高いレバレッジに魅力を感じ、海外fx業者を利用したいと考えているトレーダーの方は数多くいらっしゃいます。ですがその一方で「ハイレバレッジトレードは借金リスクが高くて不安」との思いから、取引を敬遠されている方もおられるのではないでしょうか?

そこで本記事では、

  1. レバレッジの仕組み
  2. 海外fx業者ごとにおける最大レバレッジの違い
  3. ハイレバレッジトレードの魅力やリスク

といった点に関するリサーチを通して、海外fx業者を利用したハイレバレッジトレードの実態について解説します。

レバレッジとは

レバレッジとは自分が用意した資金以上のポジションを保有できる仕組みです。
例えば10万円の元手で2万ドル(1ドル100円)のポジションを保有する場合、「20倍のレバレッジをきかせる」といった言い方をします。レバレッジを利用すれば少ない資金で多くの利益を得ることが可能です。

日本国内のfx業者は金融庁が設けている規制の為、最大レバレッジが25倍までに制限されています。一方で、海外fx業者では「ハイレバレッジ」と呼ばれる数百〜数千倍の非常に高いレバレッジ倍率が適用可能となっている為、より大きなリターンを得ようと海外fx業者を利用するトレードが増加傾向にあります。

 レバレッジの計算方法

レバレッジは以下の式により算出されます。

「レバレッジ」=「為替レート」×「Lot」÷「証拠金」

「Lot」とは通貨の最低取引単位を指す用語で、fx業者によって異なる1Lot当たりの取引数量が設定されています。Lot数が増え証拠金が少ないほど、高いレバレッジが適用される仕組みです。

【例】ドル円(100円)を10万通貨(1,000万円)保有する場合

証拠金:1,000万円→レバレッジ:1倍

証拠金:100万円→レバレッジ:10倍

レバレッジが高いと少ない証拠金で取引を行えますが、保有するLot数も大きくなるので少しの値動きで損益が大幅に変動することになります。

 借金リスク

「ハイレバレッジトレードは借金や自己破産のリスクがあるから危険だ」といった認識から海外fx業者の利用を敬遠する方がいますが、海外fx業者ではこうしたリスクを排除する為の仕組みがきちんと導入されています。具体的には急激な相場変動により損切りが間に合わない場合にマイナス残高をゼロにしてくれる「ゼロカットシステム」や、証拠金維持率が一定値下回った場合に強制決済が行われる「ロスカットシステム」といった仕組みが、多くの海外fx業者で採用されています。

 海外fx業者における最大レバレッジの違い

 

海外fx業者では各業者ごとに取引面で異なる基準が採用されています。主な海外fx業者におけるレバレッジやロスカットラインについて以下の表にまとめてありますので、実際にどのfx業者を利用するか決める際にご活用下さい。

海外FX業者最大レバレッジロスカットライン
FBS3,000 倍20%
Gemforex1,000倍20%
XM888倍20%
Bigboss555倍20%
FXpro500倍20%
FXDD500倍50%
TitanFX500倍20%

 ハイレバレッジトレードのメリット 

ここではハイレバレッジでfxを行う上でのメリット・デメリットについてご紹介します。海外fx業者を利用したハイレバレッジトレードには以下のようなメリットがあります。

少ない資金で大きな利益が得られる

ハイレバレッジトレード最大のメリットは、少ない証拠金で大きなポジションを保有できる点です。1万通貨のポジションを保有するのに必要な証拠金と最大レバレッジの関係について以下の表をご覧下さい。

最大レバレッジドル円(110円)ユーロ円(130円)ポンド円(150円)
25 倍44,00052,00060,000
50倍22,00026,00030,000
100倍11,00013,00015,000
200倍5,5006,5007,500
400倍2,7503,2503,750
800倍1,3751,6251,875

上の表からも分かる通り、国内FX最大レバレッジである25倍と海外FXのハイレバレッジとでは、必要証拠金に大きな差があります。より高いレバレッジをかけて取引を行うことで資金効率が上がり、少ない資金で大きな利益を得ることが可能となるのです。

分散投資により多くのポジションを確保できる

少ない資金で様々な通貨に分散投資を行える点も、ハイレバレッジトレードにおけるメリットの1つです。ハイレバレッジトレードのリスクとして急激な値動きにロスカットが間に合わず大きな損失を被ってしまうケースが挙げられますが、異なる通貨ペアで複数のポジションを確保することによりこうしたリスクを最小限抑えることができます。

ハイレバレッジトレードのリスク

では次に、海外fxのハイレバレッジトレードを行う際のリスクについて解説します。

ハイレバレッジトレードの危険性

「レバレッジを上げると借金リスクが高まる」との考えから海外fx業者の利用を避ける方がいますが、この認識は誤りです。そもそもレバレッジとは証拠金に対する保有ポジションの倍率のことであり、レバレッジの倍率によって相場変動による損益が変化することはありません。具体例を参考にもう少し詳しく見てみましょう。

【例】ドル円(100円)を1Lot(1万通貨)保有する場合

・レバレッジ25倍…必要証拠金:4万円
 →ドル円(99円)下落後の損失:1(円)×10,000(通貨)=10,000(円)

・レバレッジ100倍…必要証拠金:1万円
 →ドル円(99円)下落後の損失:1(円)×10,000(通貨)=10,000(円)

このように同数の通貨を保有するケースでは、レバレッジの高さと相場変動による損益は無関係であることが分かります。ただし、次のようなケースではレバレッジの高さがリスク要因となります。

【例】「元手10万円」で可能な限りドル円(100円)を保有する場合(1Lot=1万通貨)

・レバレッジ25倍…1Lotあたりの必要証拠金:4万円
 →元手に対して保有可能なLot数:2Lot
 →ドル円(99円)下落後の損失:1(円)×20,000(通貨)=20,000(円)

・レバレッジ100倍…1Lotあたりの必要証拠金:1万円
 →元手に対して保有可能なLot数:10Lot
 →ドル円(99円)下落後の損失:1(円)×50,000(通貨)=50,000(円)

先ほどご紹介した通り、レバレッジをどれほど上げても1Lotあたりの損益は変わりません。しかし上記のように「一定の元手で限界までポジションを保有する」場合、レバレッジが高いほど多くのポジションが保有できてしまうので、相場が動くと損益がより激しく変動する結果となります。こうした点が、海外fx業者を利用してハイレバレッジトレードを行う際のリスクと言えます。

ハイレバレッジトレードはポジション管理が重要

先ほど挙げた例からも分かるように少ない資金をフル活用してハイレバレッジトレードを行う場合、少しの値動きで資金の大半が消滅してしまうケースが想定されます。従ってハイレバレッジトレードでは全資金を一度に投入して大勝ちを狙うのではなく、「自分が用意した資金で取れる最適なポジションとは何か?」を導き出す能力を磨くことが重要となるのです。

ハイレバレッジトレードの魅力とリスクを正確に把握しよう

本記事では海外fx業者を利用したハイレバレッジトレードについて、レバレッジの仕組みや業者による最大レバレッジの違い、そしてハイレバレッジトレードのメリットやリスクといった点を中心にご紹介しました。
ハイレバレッジトレードは少ない元手で多くの利益を得られる効率的な取引手法ですが、一攫千金を狙って全資金を一度に投入するようなトレードは避けるべきです。これから海外fx業者の利用を検討されている方は本記事の内容を参考に、ハイレバレッジトレードの特性やfx業者による最大レバレッジの違いについて正確に把握しておきましょう。

ラプーン

ハイレバレッジの取引はやっぱり魅力的だ~!でも、リスクについても正しく理解して取引を行うことが大切だね。
その通りよ、ラプーン。それがわかっていればこれからハイレバレッジの取引をする際も大丈夫ね!

きらら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です