海外FXの入金方法について紹介!おすすめはクレジットカード入金

ラプーン

入金しようと思っても、どうやって入金したらいいのかわからないよ…
確かに入金方法もたくさんあるし、はじめは難しく感じるところだよね。これから海外FXの入金方法について説明していくわね!

きらら

海外FXに興味を持つといくつかの不安にも行き当たりますが、入金方法もそのうちの1つで
はないでしょうか。入金が面倒そう、ちゃんと入金できるか自信がない、などの不安は、
海外FXに挑戦する時に誰もが持つものですね。

しかし実際は、海外FX業者への入金についてそれほど心配する必要はありません。最近の
海外FX業者は多くの入金方法に対応しているため、日本人ユーザーでもネットショッピン
グの支払いに近い感覚で取引口座へ入金することが可能です。

海外FX業者ごとに取り扱っている入金方法は若干異なりますが、一般的には以下のような
入金方法があります。

  • クレジットカード入金
  • オンラインウォレット入金
  • 国内銀行送金
  • 海外銀行送金
  • 仮想通貨(ビットコイン)入金

今回は海外FXへの入金方法について、それぞれの方法の特徴やメリット、そして注意点を
わかりやすく解説します。

海外FXの入金はクレジットカードが手数料・反映スピードともに優秀

最初は、海外FXへの入金として最も手軽であるクレジットカード入金のメリットや注意点
について、詳しく見ていきましょう。

クレジットカード入金のメリット

クレジットカード入金のメリットは、時間帯を選ばず即時に手数料無料で入金手続きを完
了できることです。具体的には以下の3つの理由があります。

即時入金が可能

クレジットカードで入金をする場合は、基本的にはショッピング枠を使って決済します。
多くの海外FX業者では、決済するとすぐに口座への入金反映が完了するので、入金手続き
から取引開始までほとんど時間がかかりません
。取引したいと思った時に入金できるの
は、大きなメリットですね。

入金手数料がかからない

クレジットカード入金でのメリットとして、ほとんどの海外FX業者で入金手数料が無料
あることも挙げられます。

例えば国内銀行送金による入金では、多くの場合振込手数料自体はユーザー負担になりま
すね。オンラインウォレットによる入金でも、海外FXへの入金自体は手数料無料でも、オ
ンラインウォレット口座への入金の段階では手数料がかかります。

入金時のコストが気になる方にとっても、クレジットカード入金はおすすめです。

銀行窓口の営業時間外でも入金できる

海外FXへの入金方法として一般的な国内銀行送金ですが、銀行窓口の営業時間外の入金手
続きは翌営業時間の扱いになってしまいます。日中お勤めの方が帰宅後に入金して取引を
始めたいと思った場合は、時間を選ばず即時入金が可能なクレジットカード入金は便利な
方法でしょう。

クレジットカードで入金した場合の注意点

続いて、クレジットカード入金での注意点も確認したいと思います。

大きな金額の入金にはやや不向き

クレジットカード入金はカードのショッピング枠で決済するので、多くの金額を入金する
にはやや不向きな方法になります。また、海外FX業者やクレジットカード会社によって
も、入金できる金額や回数に上限を設けている場合がありますので、多額の入金や高頻度
の入金はできない可能性があることは、知っておいた方が良いでしょう。

入金額までしか出金できず、出金には時間がかかる場合がある

クレジットカードで入金した場合、出金の際はマネーロンダリング防止などのために、基
本的に入金した同じカードへ優先して返金手続きをする必要があります。その際に返金で
きる金額の上限は入金額までとなっており、利益分は海外銀行送金などで出金する必要が
あります。

また、クレジットカード入金分は返金による出金になるため、カード会社の締め日などの
タイミングによっては実際に資金が返ってくるまで1ヶ月前後かかる場合があります。クレ
ジットカードでの入金は便利ですが、出金するときは少々手間がかかる点はあらかじめご
注意ください。

FX業者によっては認証や登録作業が必要な場合がある

クレジットカードを利用して海外FXに入金する場合は、マネーロンダリングやカードの不
正利用防止のため、業者によっては、実際に使用するカードをスマホなどで撮影して画像
登録するなどの作業が必要になる場合があります。

セキュリティがしっかりしている、と前向きに受け取ることもできますが、人によっては 面倒だと感じるかも知れません。取引する海外FX業者ではクレジットカード利用時にどんなルールを設けているかを、あらかじめ確認することも大事ですね。

オンラインウォレットはスピーディー格安で海外FX業者へ送金が可能

クレジットカードと並んで、海外FXへの「手数料無料」「即時入金可能」な入金方法とし
てあるのが、オンラインウォレットによる入金です。別途オンラインウォレット口座を開
設して入金しておくことで、海外FXへの入金から出金までを簡潔に済ませることができる
人気のサービスですね。

【海外FX業者⇄オンラインウォレット】の入出金では手数料無料ですが、【オンライン
ウォレット⇄ユーザー】の入出金では手数料が発生する場合があり、そのコストの違いもオ
ンラインウォレット選択時の要素になります。

ここからは手数料なども含めて、各オンラインウォレットによる入金の特徴について見て
いきたいと思います。

おすすめオンラインウォレット

そもそもオンラインウォレットとは、名前の通りインターネット上で使えるウォレットの
ことです。海外FX業者とユーザーの間に立って、資金面での流れを仲介し集約することが
できるので、入出金回数の多いトレーダーや、複数の海外FX業者を利用しているトレー
ダーなどにとってはおすすめのサービスです。

オンラインウォレット会社には数社ありますが、今回は多くの海外FX業者に採用されてい
る以下の2社をご紹介したいと思います。

  • bitwallet
  • Sticpay

続いて、それぞれのオンラインウォレットサービスの特徴を見ていきましょう。

bitwalletの特徴とメリット

bitwalletは、海外FXの入出金手段として人気の高いオンラインウォレットの1つです。
bitwallet口座を開設することで、海外FXの取引口座への入出金に利用することができます。

bitwallet口座への入出金方法と手数料一覧

bitwalletを利用して海外FXに入金するには、まずはbitwallet口座へ入金しておく必要があり
ます。bitwallet口座への入金方法と手数料は以下の通りです。

入金方法入金手数料1回あたりの入金可能額bitwallet口座への反映時間
クレジット/デビットカード
(VISA/MasterCard)
入金額の8%1,000円〜50万円
(1ヶ月/1枚あたり)
即時
クレジット/デビットカード
(その他のカードブランド)
入金額の8.5%1,000円〜50万円
(1ヶ月/1枚あたり)
即時
共同銀行口座
(GMOあおぞらネット銀行/みずほ銀行)
無料
(振込手数料はユーザー負担)
無制限送金完了から15分以内
専用銀行口座
(GMOあおぞらネット銀行)
無料
(振込手数料はユーザー負担)
無制限送金完了から15分以内

bitwallet口座からユーザー銀行口座への主な出金方法と手数料は以下の通りです。

出金方法出金通貨出金手数料最低出金額着金までの時間
国内銀行振込JPY通常824円
(割引キャンペーン時は777円)
1,000円24時間以内に出金手続き
海外銀行振込JPY/USD/EUR/AUD4,800円+送金額の1%6,000円24時間以内に出金手続き、10営業日以内に着金
bitwalletは手数料が明瞭!

bitwalletから海外FX業者への入出金は、ほとんどの場合、手数料無料で即時に行うことがで
きます。

bitwalletの大きなメリットは、bitwalletとユーザー間の入出金手数料の少なさでしょう。入
金する場合は、国内銀行送金なら手数料無料(振込手数料は別途必要)で、出金する場合も通
常時で824円、キャンペーン期間では777円の手数料で出金可能となっています。

海外FXから直接海外銀行送金で出金する場合は、数千円の受け取り手数料が必要になるの
で、bitwalletでは非常に低コストでの出金ができますね。

Sticpayの特徴とメリット

Sticpayもbitwalletと同様のオンラインウォレットサービスです。Sticpay口座を開設し入金
しておくことで、海外FXへの入出金に使うことができます。

Sticpay口座への入出金手数料

Sticpayを利用して海外FXに入金するには、まずはSticpay口座へ入金しておく必要がありま
す。Sticpay口座への入金方法と手数料は以下の通りです。

入金方法入金手数料
海外銀行送金1%
国内銀行送金2%
VISA3.85%
MasterCard3.85%
UnionPay2%
bitcoin1%
lite coin1%

※国内銀行送金での入金の場合、1日あたりの限度額は5,000円〜100万円、営業日半日以内
の口座反映になります

Sticpay口座からユーザー銀行口座への主な出金方法と手数料は以下の通りです。

出金方法出金手数料
海外銀行送金5%
国内銀行送金800円+2%
UnionPay2%
bitcoin25ドル+3%
lite coin3%
STICカード1.3%

※国内銀行送金での出金の場合、1日あたりの限度額は3,000円〜99万円、1〜2営業日程度
での着金になります

Sticpayはサービスが魅力的

Sticpayもbitwalletと同様に、海外FX間の入出金時は手数料無料で即時行えますが、ユー
ザー間の入出金の手数料を比べたら、bitwalletに軍配が上がります。

Sticpayの魅力は、手数料よりも多様なサービスにあると言えるでしょう。例えばSTICカー
ドを利用すれば、日本はもちろん世界のATMから資金を出金することが可能です。また口
座で保有している仮想通貨を法定通貨に両替することもできます。

迷ったらbitwalletを使おう!

今回はbitwalletとSticpayの2社をご紹介しましたが、どちらを選べば良いか迷うかも知れま
せんね。基本的には、入出金がしやすく手数料の少ないbitwalletを選択して良いでしょう。

特にbitwalletは、bitwallet口座からユーザーの銀行口座への出金手数料が安く、通常で824円、キャンペーン価格時はわずか777円の手数料で出金可能です。

取引をしたい海外FX業者がSticpayにしか対応していない場合や、STICカードなどのサービ
スに魅力を感じる場合は、Sticpayを選択すると良いですね。

国内銀行送金は使う人を選ばない便利な方法

ここまで、クレジットカード入金やオンラインウォレット入金についてご説明してきまし
た。しかし、海外FXの入金でクレジットカードを使うことに抵抗がある人や、オンライン
ウォレット口座を持っておらずまだ開設する予定がない、と言う人も多いのではないで
しょうか。

その場合は、国内銀行送金による入金がおすすめです。日本のユーザーも利用しやす
い環境を整えている海外FX業者では、入金方法として国内銀行送金に対応している所が少
なくありません。

国内銀行振込は、海外FX業者の窓口となる日本国内の銀行口座に振り込むことで、取引口
座へ反映できる仕組みです。口座反映までには少し時間がかかりますが、多くの場合振込
手数料だけで入金できるので、シンプルで誰でも利用できる方法と言えます。

海外FX業者への入金で海外銀行送金は使う理由はナシ

海外FX業者によっては、海外銀行送金での入金にも対応している場合があります。

しかし海外銀行送金は、送金手数料が高く日数もかかるため、積極的に選択する必要はあ
りません。強いて言えば、海外に銀行口座をお持ちで、その口座から海外FXに入金する場
合などは有効かも知れませんね。

クレジットカードやオンラインウォレット、国内銀行送金などの入金方法が用意されてい
る海外FX業者の場合は、より使いやすい方法で入金すると良いでしょう。

ビットコイン入金もアリだがリスク想定を忘れずに

近年では、仮想通貨(ビットコイン)での入金に対応している海外FX業者も増えてきまし
た。ビットコインの場合も「入金手数料無料」「即時口座反映」で入金できることが多い
ので、便利な方法ですね。

便利なビットコイン入金ですが、入金時のレートの変動には気をつけなければいけませ
ん。
多くの海外FX業者では、口座通貨として使えるのは日本円や米ドルなどの法定通貨
で、ビットコインなどの仮想通貨を口座通貨として使える業者は少数派です。

法定通貨の口座へビットコイン入金をする場合は、レート換算された上で口座に反映され
ます。価格変動による損失が起きることがないよう、入金するのは相場状況が落ち着いて
いるタイミングを狙った方が良いかも知れませんね。

まとめ

今回は、海外FX業者への入金方法についてご説明してきました。海外FX業者ごとに対応し
ている入金方法は違いますが、今回ご説明した入金方法のどれかは必ず当てはまるでしょ
う。

特に、クレジットカード入金やオンラインウォレット入金は、手数料無料で即時入金できる方法としておすすめですね。海外FXへの入金でお困りの場合は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

ラプーン

海外FXの入金方法について、しっかり理解出来たよ!
それはよかった!入金方法によって手数料や入金可能額が異なる点には注意が必要ね!

きらら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です